FC2ブログ

芝居や本などで楽しくさまよう日々の記録。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書

伊坂幸太郎「ガソリン生活」

朝日新聞出版
発売日 : 2013-03-07

望月家の愛車デミオが一人称で語る、
主たる望月家が巻き込まれてしまった災難の日々をコミカルに描いていくという異色の本作品。

ところどころ(あちこち?)のとぼけた味わいが独特で、伊坂作品のノリと相まって、とてもユニークに仕上がってます。ありえない設定でサスペンスフルな展開を仕掛けてくるという王道的フィクションの醍醐味、を味わいました。

それでいて最後のセクションはほろりと切なかったりして、ソツがないです。

童話みたいなありえない設定~、と気構えて読み始めても、ひととおり読み終えると自家用車と世のクルマたちを愛したくなること請け合いの、愛と友情と正義に満ちた物語でした。ほんとに。

あと、…某外車の面構えが怖いのは、やっぱり万国共通の認識なのねと安心したのでした…


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
*現在読書中:「獏の檻」年末年始にどっぷりと読みます。明るいお話ではないですが、時間が取れるときに作品世界に浸かって読みたい本、みたいで期待。
関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

自分のこと

hito1124

Author:hito1124
 ☆読書と観劇を愛しております。
 ☆読書感想はブクログと連携始めました。
 ☆おでかけとかは別ブログでまったり更新中。
→http://kurasimuki.exblog.jp/

 ☆観劇予定(希望込)…
「8月の家族たち」
「太陽」
「アルカディア」

amazon
booklog
FC2カウンター
SEARCH

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。