FC2ブログ

芝居や本などで楽しくさまよう日々の記録。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書

有栖川有栖「幻坂」

メディアファクトリー
発売日 : 2013-04-12

大阪にある「天王寺七坂」という、
なかなかディープなスポットを舞台にした、幻想味の強い短編集。

大阪に住んでいながらも、まるで知らない坂や地名が出てきて、たしかに物語を生むような「ファンタジー」「ホラー」風味は薄いと勝手に感じていた大阪に、新たな見方を見せてくれたという意味で楽しむことができました。

何度も出てくる、淡路島や六甲までも見渡せたというそのかつての風景を、本当に見てみたいものだと思わせてくれる魅力が、掌編から浮かび上がってきましたね。金剛山の上から見下ろした奈良の盆地の風景も素敵でしたが、もっと心地の良い風景なんでしょうか…。

読んだ後に表紙の絵を見れば、
また感慨が浮かび上がってくるというもの…。

かつてかの道隆や芭蕉も見た景色、
もう現代では拝めはしませんね…。

そんな、かつてあったもの、失われてしまったものに焦点をあてた小説集で、哀切な雰囲気が満ちています。作者の作風に合った、どこか品の良い怖さ、が漂っている感じがしました。なので、コワイ!というものを期待すると確かにちょっと違うと思われるでしょうね。

そういえるほどコワイのは猫の話くらいかしら…。
あれはけっこう良かったので、こういう路線の恐ろしさは、それはそれでまた見てみたいとも思いました。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
*現在読書中:「鹿の王」薄めの紙がつかわれているので思ったより枚数がしっかり多くて読み応えがかなりあります…
関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

自分のこと

hito1124

Author:hito1124
 ☆読書と観劇を愛しております。
 ☆読書感想はブクログと連携始めました。
 ☆おでかけとかは別ブログでまったり更新中。
→http://kurasimuki.exblog.jp/

 ☆観劇予定(希望込)…
「8月の家族たち」
「太陽」
「アルカディア」

amazon
booklog
FC2カウンター
SEARCH

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。