芝居や本などで楽しくさまよう日々の記録。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観劇

劇団新感線「五右衛門VS轟天」

もう今では福岡に場所を移していますが…
大阪で、劇団新感線の「五右衛門vs轟天」を観てきました!

物語は…と語るのはちょっとばかばかしいかもしれない、
途方もなくいい加減でおバカな展開だけが、ただただ目白押しというお芝居です。やってるほうが真剣にバカをやっておられるわけですから、こちらもバカになりきって、単純に口を開けて笑うのが、正解。お口にあわなければ、残念。そんなノリでひたすら楽しんだもの勝ち、ただそれだけ!という圧倒的な3時間あまり、でした。

新感線もそれなりに長くは観ていますが、いわゆるメジャー化していのうえ歌舞伎、というのが確立されてからの観客なので、まだまだ実は甘いのでしょう。今回のキャラの元ネタも、なんだろ??と思うのがいくつもありました。轟天自体、観たかしら、という薄れた記憶が。あの濃いキャラをも忘れられる記憶力のなさを自分で笑いたくなりますが。いやさて。

それにしてもイイ歳した大人たちが奇抜なコスチュームで真面目にバカやって、それをイイ歳した観客たちが真面目に笑い続けるという、演劇ならではの素敵な共犯世界が素敵だなあっと、改めて思いました。

個人的にはクライマックスのジブリパロがたまらなくツボでした。しょーもなさもここまで突き詰めると、ただただ、楽しいのです。

もう少しこうだったらなーという希望をいえば、殺陣の場面がもう少し欲しかったのと、「VS」的要素がキャラ的にしかたないけれど薄かったこと。五右衛門に殺陣を望むのは今はもう難しいのかなーと思ったり。

さて35周年記念の今作品…
40周年はどうなるのかしら??と今から楽しみです。
みなさんほんとうに良いお年になってしまいますし。
いや、観るほうもですけれどね。



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

自分のこと

hito1124

Author:hito1124
 ☆読書と観劇を愛しております。
 ☆読書感想はブクログと連携始めました。
 ☆おでかけとかは別ブログでまったり更新中。
→http://kurasimuki.exblog.jp/

 ☆観劇予定(希望込)…
「8月の家族たち」
「太陽」
「アルカディア」

amazon
booklog
FC2カウンター
SEARCH

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。