芝居や本などで楽しくさまよう日々の記録。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観劇

「大逆走」を観てきました

森ノ宮ピロティホールにて、舞台「大逆走」を観てきました!

個人的にはこの舞台を演出されている方の舞台を観るのも初めて、
演者さんもテレビでは見るけれど舞台は初めて見るという方が中心で、
どうなのかなという期待と不安がないまぜ、という感じでした。

なので見る前に感想とかチェックしたのですが…よけいに、「わかるかな」という不安をあおられての観劇となりました。そして観劇後の感想としては、「うん、わからん」です。はい…。

といっても多分、いわゆるわかるようには作られていないのでしょう。そもそも、物語を理解して起承転結を楽しんで、という話ではないのでしょう。ただただそれなりにワケアリの登場人物たちのダメさ加減に笑ったり同情を感じたりホロリとしたり、という感情をシンクロさせて観るタイプの物語かなと、個人的には感じました。

そして人間はしっちゃかめっちゃかに妄想を働かせて、理性を飛ばして、はたからみるとわけのわからない行動に走ったりもするものです。その、ヨソから見たらさっぱりわからない暴走・逆走を、一夜の追跡劇と絡み合わせたのが、このお芝居なのでは…と。これも一個人の妄想的な感想ですが…!

追跡劇のクライマックスのコメディチックな演出は楽しかったですし、クラシックバレエを取り入れた場面転換やアンサンブルの使い方は美しくて素敵でした。シンプルな木枠を組み合わせただけのセットも舞台にはあっていたと思います。そしてなにより役者さんたちの真摯でときに笑わせてくれる台詞の応酬は楽しくて飽きませんでした。

ただストーリーを楽しまそうという疾走感があるわけではないのが、そういう舞台だということは感じても、やっぱりちょっともったいないなあとは思えたのでした、正直なところ。下世話な話ですが、こういうテレビで主役を張るような役者さんを呼んで、大々的に宣伝した舞台としては、楽しめる人の範囲を搾りすぎかなーとか…。ほんと余計な話だよ、といわれたらそれまでです、はい。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 演劇(観劇)へ
*次回観劇はウーマンリブ予定~



関連記事
Comment

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

自分のこと

hito1124

Author:hito1124
 ☆読書と観劇を愛しております。
 ☆読書感想はブクログと連携始めました。
 ☆おでかけとかは別ブログでまったり更新中。
→http://kurasimuki.exblog.jp/

 ☆観劇予定(希望込)…
「8月の家族たち」
「太陽」
「アルカディア」

amazon
booklog
FC2カウンター
SEARCH

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。