芝居や本などで楽しくさまよう日々の記録。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書

伊坂幸太郎「首折り男のための協奏曲」


首折り男の「人違い」から始まる奇妙な縁が紡ぐ物語は、泥棒の黒澤のエピソードを経て、また首折り男の物語へと還っていく。

作者が言われている通り、統一性のあまりない短編集であるのは確かなのに、読み終えるとしっくりとひとつの大きな物語の枠の中にはまっているように感じられるのは不思議でした。

どの短編でも、ある意味神も仏もないエピソードがいくつも連なるけれども、けれどもそれでも人生捨てたものじゃないね、という投げやりなような前向きのようなスタンスに最終的には持っていってくれます。

なので、ちょっとだけ背中を押してくれるような話が多く感じられて、読み心地は軽やかです。

いわゆる伊坂節なセリフの応酬も相変わらず小気味よくて、ささやかなサプライズもさすがだなあという一言です。この爽快感は病みつきになるのです。

なかでも、「月曜日から逃げろ」はほんと、巧いな、という一編。長編ではこういう巧い収束をさせる物語はいくつもありますが、短編でこんなきれいにまとまったのは初めて読んだかもしれません。「合コンの話」はストーリセラーで既読でしたが、やっぱり読後感の良さは髄一でした。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
*現在読書中:「笹の舟で海をわたる」じっくりと読ませてくれます。
関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

自分のこと

hito1124

Author:hito1124
 ☆読書と観劇を愛しております。
 ☆読書感想はブクログと連携始めました。
 ☆おでかけとかは別ブログでまったり更新中。
→http://kurasimuki.exblog.jp/

 ☆観劇予定(希望込)…
「8月の家族たち」
「太陽」
「アルカディア」

amazon
booklog
FC2カウンター
SEARCH

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。