芝居や本などで楽しくさまよう日々の記録。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書

中野京子「怖い絵」

著者 : 中野京子
朝日出版社
発売日 : 2007-07-18

絵に関しての知識はごく浅く、有名どころの展覧会に行く程度でありながら、いやむしろだからよけいにか、こういった視点の絵の解説本はとても目新しくて楽しんで読めました。

「怖い」といってもただ残虐性があるという意味ではなく、絵の描かれた時代、モチーフの意味、作者の生い立ち、そういった観点から立ちのぼってくる怖さ恐ろしさについて書かれています。さっくりと、平易な表現で書かれてますが、知識の深さが随所で窺えますし、わかりやすく丁寧な文章ですので、絵の知識がなくとも、とても読みやすいです。

欲をいえば、絵をもっと大きく見たかったかな。本の綴じ目で見られない部分があるのはちょっともったいないな、と。

一番印象深かったのは、この本のきっかけとなったというマリー・アントワネットのスケッチです。一見ざっくばらんなただの素描ながら、作家の人間性を含めて見直してみると、とても深く幾重もの意味で残酷なものであることに気づかされました。このことがひときわ印象深く感じたのです。

これらの「こわさがある」という見方が、「正しいものか」は、わかりません。けれど、こういった背景があるモチーフがある、そういったことを知られただけで、とても意味のある本なのではないかとも思えました。



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
*読了したて:「初恋料理教室…」ほっこり。そして美味しい和食が作りたくなります。
関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

自分のこと

hito1124

Author:hito1124
 ☆読書と観劇を愛しております。
 ☆読書感想はブクログと連携始めました。
 ☆おでかけとかは別ブログでまったり更新中。
→http://kurasimuki.exblog.jp/

 ☆観劇予定(希望込)…
「8月の家族たち」
「太陽」
「アルカディア」

amazon
booklog
FC2カウンター
SEARCH

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。