芝居や本などで楽しくさまよう日々の記録。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書

梨木香歩「沼地のある森を抜けて 」


代々受け継がれてきた「ぬか床」を譲り受けたときから始まった奇妙な出来事。

いるはずのない人が現れ、奇妙な出来事がつづき、そしてついに彼女は先祖の土地へそのぬか床へ返しに行くことを決意してゆく。

ぬか床、という鍵そのものから独自性を感じますが、奇妙な成り行きな話はユーモア交じりの描写も含みつつ穏やかに丁寧につづられていきます。その静かな説得力にほだされてか、いつの間にかしっくりとその「非現実」を受け入れて読み込めるようになります。

ぬか床が抱えていた自分たちのいわれの深遠さは、
くらりとするほど生命の根源にも迫るとてもダイナミックなものです。

それに相対する終盤の場面では
こんな根源の問題にこれだけ真摯にアプローチするのか、
という感銘を覚えました。

形のみえないもの、今現在ここにないものにたいして、
これだけの想像力を発揮して
そして面白く読ませるという描写力を思い知った物語でした。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
*最近:「ツインズ」は見送ったので次の芝居まで時間がある。ノダマップが一番早いかな。間になにか見たいな。

関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

自分のこと

hito1124

Author:hito1124
 ☆読書と観劇を愛しております。
 ☆読書感想はブクログと連携始めました。
 ☆おでかけとかは別ブログでまったり更新中。
→http://kurasimuki.exblog.jp/

 ☆観劇予定(希望込)…
「8月の家族たち」
「太陽」
「アルカディア」

amazon
booklog
FC2カウンター
SEARCH

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。