FC2ブログ

芝居や本などで楽しくさまよう日々の記録。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書

原田ひ香「ミチルさん、今日も上機嫌」


バブル世代を満喫して過ごして、
ズルズル平成の今まで生きて来たアラフィフのミチル。

勤め先も辞め少ない貯金暮らしに危機感を覚えてバイトを始めることに。その地味なバイトを始めたことをきっかけに、いろんな人の出会いと、自分自身の新たな一歩を踏み出すことになっていく…

だらしない生活を送る一方で飄々としつつ面倒見もいいミチルのキャラクタが、嫌味がなくて好印象なのがこの小説の一番のステキなポイントでしょう。益体もなくいってしまえば「男性遍歴をたどりつつ己の来し方を振り返る」ストーリーラインも、彼女の視点だからこそ生々しくなくさばけた感覚で読めます。

バブルの時代を、あの頃は良かっただとか異常だったとかそういうくくり方をして振り返るのではなく、確かにその只中を生きてきた実感を感じさせる描き方がされていて、エピソードは多少突飛だったりもするものの、納得のできる感傷だと受け止められました。

現在にかかわってくるキャラクタもみな程よく(?)個性があり、ミチルとともに小説の爽やかさやポジティブさを後押ししてくれます。

だからきっと大丈夫、という言葉には重みこそなくとも、肩を気軽にポンとたたいてくれるようなやさしさが確かにあって、素敵だなと感じました。

ほのぼのと暖かくなるとても良いお話でした!



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

自分のこと

hito1124

Author:hito1124
 ☆読書と観劇を愛しております。
 ☆読書感想はブクログと連携始めました。
 ☆おでかけとかは別ブログでまったり更新中。
→http://kurasimuki.exblog.jp/

 ☆観劇予定(希望込)…
「8月の家族たち」
「太陽」
「アルカディア」

amazon
booklog
FC2カウンター
SEARCH

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。