芝居や本などで楽しくさまよう日々の記録。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書

中村航・中田永一「僕は小説が書けない」

著者 : 中村航
KADOKAWA/角川書店
発売日 : 2014-10-31


出生の秘密を知ってから、内向的な傾向が強くなり、それまで書いていた小説も書けなくなってしまった高校生が、先輩に文芸部に(強引に)入部させられたことをきっかけに、少しずつ一歩を踏み出していく物語。

基本的には真面目に小説と自分へ立ち向かう少年の成長物語といった流れで、ユニークなキャラクタのやりとりや、意外と真面目な小説の書き方の論戦、そして恋バナも盛り込まれていて飽きることなくさっくりと読めました。

出生へのわだかまりや女子への恋慕へ踏ん切りをつけて小説を完成させていく、というオーソドックスな流れは、だからこそじんわりと沁みてくるものがありました。王道は誰にでも広く受け入られるからこそ王道なので、それを正しく生かしたドラマは、たしかに小説の書き方を示すものでもあるなあとも思えました。

しかし、…原田さんはナチュラルにヒドイ男でした。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
※現在読書中:「ハーメルンの誘拐魔」割とストレートで淡々とした感じだけれど、おなじみのアレはくるのかしら。
関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

自分のこと

hito1124

Author:hito1124
 ☆読書と観劇を愛しております。
 ☆読書感想はブクログと連携始めました。
 ☆おでかけとかは別ブログでまったり更新中。
→http://kurasimuki.exblog.jp/

 ☆観劇予定(希望込)…
「8月の家族たち」
「太陽」
「アルカディア」

amazon
booklog
FC2カウンター
SEARCH

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。