芝居や本などで楽しくさまよう日々の記録。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書

米澤穂信「満願」

著者 : 米澤穂信
新潮社
発売日 : 2014-03-20


派手、ではないけれど、巧緻に富んだ様々なたくらみに満ちたミステリ短編集です。さすがに話題になったタイトルなので、説明も不要ではありましょう…

なぜ、どうしてという疑問や隠されていた真実が、丁寧な筆致で描かれるうちに、終盤、鮮やかにうつくしくすっと浮き上がる。そういうミステリならではの醍醐味をどっぷりと味わえます。

姉妹の話では特にラスト一行の余韻が後を引きます。少し官能的で、純粋な残酷さに背筋がすっと冷える感覚を覚えました。

ミステリとしては「夜警」が密度の濃い短編だと感じました。全ての筋が通ったときにああ…!という充足した感嘆で一杯になりました。

表題作は、何というか、美しかったです。なにをおいても守りきろうとするものがあるという誇りの気高さは、どんなことがあろうとも汚されることはないのでしょう。

他の短編も抜かりない手管が光っていて、それぞれ読み味も違うので濃さのある一冊でう。ほんとランキング1位はダテじゃありませんでした!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
※現在読書中:「恩讐の鎮魂曲」:正確にはこれから読みます。楽しみだなあ。
関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

自分のこと

hito1124

Author:hito1124
 ☆読書と観劇を愛しております。
 ☆読書感想はブクログと連携始めました。
 ☆おでかけとかは別ブログでまったり更新中。
→http://kurasimuki.exblog.jp/

 ☆観劇予定(希望込)…
「8月の家族たち」
「太陽」
「アルカディア」

amazon
booklog
FC2カウンター
SEARCH

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。