芝居や本などで楽しくさまよう日々の記録。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書

葉真中顕「絶叫」

著者 : 葉真中顕
光文社
発売日 : 2014-10-16

凄惨な状態で見つかった女性の死体。
いわゆる「孤独死」だと当初は見られていたが、次々に意外な事実が発覚して事件は思わぬ展開を見せていく…

事件の顛末を追う刑事目線のパートと、「あなた」と呼びかける描写で女性の過去を綴っていくパートが交互にあらわれて、女性=鈴木陽子の人生を描いていく物語は、ひとりの女性がみるみる転落していくさまと、一体何が起こったのかというミステリ部分の面白さに引き込まれて、どんどん読まされていきます。

陽子の転落のさまはいわゆる社会の暗部をずらっと並べたような具合で、あまりにも酷いと思えましたが、決してない話でもないよな、と最近の社会情勢などをみて感じます。

だれかに手を差し伸べる、助ける間もなく、気が付けば沼にはまっている。人生にはそんな落とし穴のような事態が不意に起こってしまうものだと、ぞっとさせられてしまいました。

その生き地獄のなかで、けれど陽子は立ち上がっていく。生き延びていこうとする。その反撃をとってからの彼女はもう確かに「怪物」としかいえないもので、恐ろしい。

ただ、あまりにも哀れなばかり。

そしてその哀しみは、最大最後の「反撃」のなかで「絶叫」となって現われます。この言葉がこんなに痛烈に痛みと絶望をもって放たれるのを、初めて読みました。

フィクションであってほしい、
ただただそう思うばかりの痛々しさが後に残りつづけました。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

※現在読書中「紙つなげ!」…絶望とその復興の記録に涙しつつ、本好きなのに紙そのものがどう作られているかを知らなかった無知を反省するばかり。良いノンフィクションです…
関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

自分のこと

hito1124

Author:hito1124
 ☆読書と観劇を愛しております。
 ☆読書感想はブクログと連携始めました。
 ☆おでかけとかは別ブログでまったり更新中。
→http://kurasimuki.exblog.jp/

 ☆観劇予定(希望込)…
「8月の家族たち」
「太陽」
「アルカディア」

amazon
booklog
FC2カウンター
SEARCH

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。