芝居や本などで楽しくさまよう日々の記録。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日々つれづれ

原田ひ香「人生オークション」


ユニークな設定の多い作者さんのこれまたちょっと変わったお話でした。

物語は、傷害事件を起こした叔母の身辺整理を手伝いに行く羽目になった「私」の目線で語られます。彼女は、大学を卒業したものの就職できなかった引け目もあって、そんな明らかに厄介そうな用事を断れなかったのだった。

そんなわけでしぶしぶながらも彼女は叔母とふたり、人生に転機を迎えるべく、要らないものをオークションで清算していく…、という表題作。ふわりふわりとしている叔母さんと、しじゅうイライラしているような現代っ子ぽい姪が、わかりあえているようないないようなやり取りを重ねつつ、物量的にも心理的にも少しずつ軽くなっていくプロセスが明るくやわらかく描かれています。

すごく笑えるとか泣けるとか、そういうガンっとくる印象を受ける話ではないけれど、笑える描写を挟みつつ、やがて少しだけほっこりする、そういうほっとできる、あたたかいお話で面白く感じました。

人生なかなか思うようにはいかないけれど、
あせらないでじわじわ生きていきましょう。

そんな、ちょっとした元気をもらえました。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
※現在読書中:「中野のお父さん」ほっこりの真骨頂。

関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

自分のこと

hito1124

Author:hito1124
 ☆読書と観劇を愛しております。
 ☆読書感想はブクログと連携始めました。
 ☆おでかけとかは別ブログでまったり更新中。
→http://kurasimuki.exblog.jp/

 ☆観劇予定(希望込)…
「8月の家族たち」
「太陽」
「アルカディア」

amazon
booklog
FC2カウンター
SEARCH

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。