芝居や本などで楽しくさまよう日々の記録。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観劇

「奇ッ怪 其の参」観劇してきました

兵庫県立芸術文化センターにて、
「奇ッ怪 其の参」を観劇してきました。

日常に見え隠れする「奇ッ怪」を描くシリーズの第三弾のモチーフは、「遠野物語」。
柳田国男氏の書いた民話を集めた話…というぼんやりしたアウトラインだけしか知らない私でしたので、わかるかなという心配が少なからずあったのですが、全くの杞憂でした。たぶん、普段からイキウメの芝居を見ている人ならすんなり馴染むし、同じ世界線上にある物語のように感じるのでは、と思いました。

過去なのか未来なのか、標準化政策が施行された日本、という「異世界」が舞台。
方言を用いた迷信のたぐいを書いた本を出版したという(この世界での)罪を犯したとして拘留されたヤナギタは、迷信やあやかしを否定するイノウエの聴取のなかで、青年の語った遠野の「実話」を明らかにしてゆく…

語られる民話は寓話ではなく、説話でも、ない。
その地に生きて、その地を敬って、山と水と地とともに歴史をはくぐんできたうえで生まれいでた物語。
実話なのかどうかが重要なのではなく、人々ともにいつの間にか在った物語。
もしくは、物語というオブラートにつつんだ、残酷な、人のなまなましい歴史たち。

だから、人のこころを打つんだろう、
だれもが後ろ暗いものとともに隠し持って来たものについては、
心当たりがあるだろうから。

規制の強まるこの世の中を皮肉っているような設定でありながら、人が人である限り、このような物語は少なくはなろうともなくならないんだろうな、とも感じます。人は語らずには生きてはいけない生き物だから。会話だけでなく、SNSでも、皆語ってばかりではないですか。かたちが変化していっても、言葉を、物語を語らずに、そして聞かずに、人は生きてはゆけないのです。

この文章もまた、読まれるか読まれるかわからない、
けれど確かな語りのひとつの手段、というわけです。

…とみょーにひとり語りになってしまいましたが…!
シンプルな舞台セットに、ひとりひとりの役者さんの台詞のやりとりだけで目に見えぬ物語がぐうっと膨らんでいく、無駄をそぎ落としたすばらしいお芝居でした。
CGを使った派手な演出や豪華なセットも良いですが、このようなじわじわと意味と映像が脳裏に広がっていくような芝居もやはりイイ…!、です。

気が早いかもしれませんが其の四も待ってます…!


にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 演劇(観劇)へ
※観劇予定・・「はたらくおとこ」「お勢登場」「キャバレー」「足跡姫」まではチケ確保済。新感線はまだ…
関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

自分のこと

hito1124

Author:hito1124
 ☆読書と観劇を愛しております。
 ☆読書感想はブクログと連携始めました。
 ☆おでかけとかは別ブログでまったり更新中。
→http://kurasimuki.exblog.jp/

 ☆観劇予定(希望込)…
「8月の家族たち」
「太陽」
「アルカディア」

amazon
booklog
FC2カウンター
SEARCH

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。